キャンプアイテム 読み物

【タナちゃんねるさん取材】モビガーデン ツールームテントなど我が家のキャンプギアをご紹介!

2022年9月15日

100均好き主婦キャンパーいく子()です。

少し前になりますが、キャンプ系YouTubeやキャンプギアブランド「TOKYO CRAFTS」、株式会社タナクロの代表をされているタナさんに我が家のキャンプを取材していただきました。

タナさんもスタッフさんもとても親切で優しく、楽しい時間が過ごせました。

今回のテントは一番新しいモビガーデンのツールームテント『ホリデイ スター 300』です。

実はうっかりまだブログで紹介していません。

近いうちにご紹介できたら良いなとは思います。

 

以前、さいとう夫婦さんに突撃取材していただいた時とギアはあまり変わっていませんが、テントが違うとやっぱりレイアウトも変わるので、その辺もご覧いただけたら嬉しいです。

 

TOKYO CRAFTS 焚火台『マクライト』

タナさんが代表をされている「TOKYO CRAFTS」の『マクライト』をこの日も持って行っていました。

以前PRでご紹介させていただきました。

コンパクトに収納できて、ワイドに使える焚火台です。

荷物が多くなりがちなファミリーキャンパーさんに最適だと思います。

レビュー記事を書いていますので、気になる方はぜひご覧ください。

【PR】マクライト

TOKYO CRAFTS

 

ワークマンのウェアとキャンプギア紹介

取材中、ワークマンアンバサダーについても触れていただき、ワークマンのウェアやキャンプギアの紹介をしています。

 

ワークマンウェア紹介

いく子
YouTubeの方では普通に顔出ししておりますが、ブログは何となくモザイクをかけております。

こうやって改めて見ると、ワークマン以外のアイテムを含めても全身1万円以下コーデです。

いく子

ガーデニングサロペットスカート(2,900円)
ソロテックス シーンレスTシャツ(980円)
ライトスリッポン(1,500円)
イージス防水ハット|旧モデル(1,500円)

合計6,880円

いく夫

エアロストレッチ クライミングショートパンツ|昨年モデル(1,900円)
DIA高撥水シューズ アーバンハイク(1,900円)

合計3,800円

ワークマンキャンプギア紹介

『アルミテーブル』(980円)は現在販売されていない初期モデルです。

もしかしたらどこかの店舗にまだ在庫があるかもしれません。

このアルミテーブルは簡単に組立できるところがお気に入り。

耐荷重は約10kgです。

 

現在販売しているのは、耐荷重が約15kgにパワーアップした『アルミテーブル』です。

少しだけ組立が以前より手間がかかりますが、重めのものでも置けるのは心強い!

 

『耐熱フィールドテーブル』(1,900円)は店舗で販売されています。

比較的コンパクトなサイズ感ですが、高さがあるのがポイント!

ソロキャンプでご飯を食べる時や、ちょっと荷物を置きたい時、子供用にテーブルを用意したい時にもピッタリです。

耐荷重は約15kg。

 

『パラフィン帆布フィールドシート』(1,500円)はご紹介していませんが、持って行っていました。

 

今回は持って行っていませんでしたが、先ほどの耐熱フィールドテーブルのワイド版『ワイド耐熱フィールドテーブル』(3,500円)もおすすめ!

こちらも耐荷重は約15kg。

現在はWEB限定販売となっています。

W約63×D約40cmでメインテーブル(2~3人くらい)として使えるので、重宝しています。

キャンプでは熱いままのケトルやフライパンを移動したいとか、焚火のそばにテーブルを置きたいというシーンが多いので、耐熱というのはポイントが高い!

 

毎度おなじみコスパの良いのラインナップ

何度かブログでご紹介している我が家の1軍アイテムたちを今回も取材していただきました。

これからテーブルやチェア、囲炉裏テーブルが欲しいなと思っている方には自信を持ってお勧めできる逸品!

ニトリ『木製折りたたみローテーブル』4,990円

山善『タフライトファイヤープレイステーブル』約12,000円

クイックキャンプ『一人掛け 折りたたみ ローチェア 2脚セット』7,480
クイックキャンプ『折りたたみ式 二人掛け ローチェア ベンチ』6,600円

スポンサーリンク

夫がこっそり買っていたテントモビガーデン『ホリデイスター 300』

この大きなツールームテント、実はある日突然届いたんですよ。

我が家あるあるの夫がこっそり?!買っていたんです。

こっそりと言っても、届いたらすぐにばれるサイズ感ですけどね。

ツールームテントは数年使っていなかったのですが、久しぶりに使ってみるとやっぱり良い

靴のまま入れる前室に何でも置いておけるし、夜に寝る時にタープ下に置いていたものも全てしまえる安心感もあります。

そして、雨の日にもお勧め

荷物も自分も濡れにくく、撤収も比較的楽にできます。

最近は、雨キャンプの時は毎回モビガーデンを使っています。

いく子
雨女の私は、キャンプというと雨ばかりなので最近このテントしか使ってないような・・・。

 

ステキな出会いもありました!

同じ日にタナちゃんねるさんの取材を受けていた2組とお話させていただく機会がありました。

ステキなキャンパーさんで、インスタのフォロワーさんも多く、我が家が同じように取材していただいて良いのだろうかと思ってしまうくらい。。。

@kumagoro_world さん

 

@hsb_campさん

ちゃっかり、一緒にキャンプに行くお約束もしてきました!

こうやってキャンプで繋がる輪も良いですね。

 

今後もゆるく楽しくキャンプしていきます

今回の取材のお礼ということで、タナさんからたくさんプレゼントを頂きました!!

ありがとうございます。

自分のキャンプやキャンプギアについて考えることがあまりなかったのですが、こういう形で改めて取材していただいて「このギアずっと使っているな」とか「こんな思いで選んでたんだ」と気づくことがありました。

まだ記事化していないところもたくさんありますが、ゆるくのんびりキャンプとブログを続けていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

 

▼ アウトドアメディア『ハピキャン』でライターをしています ▼

【PR】コンパクトに収納できるけど、ワイドに使える焚火台『マクライト』

 

ブログ村のランキングに参加しています。よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



-キャンプアイテム, 読み物
-,

Copyright© 100均好き主婦、キャンプへ行く , 2022 All Rights Reserved.