100均アイテム

【100均】ダイソーメスティンとダイソーミニストーブでほったらかし自動炊飯! セリアの優秀アイテムもご紹介

2021年5月7日

100均好き主婦キャンパーいく子()です。

ようやく最近、普通にダイソーで手に入るようになってきたかな? という『ダイソー メスティン』。

今回はこのメスティンにピッタリの『ダイソー ミニストーブ』を使って、ほったらかし自動炊飯をやってみました。

100均の固形燃料を使って放置すればご飯が炊けているという幸せシステム!

さらに、この自動炊飯を安定させる優秀アイテムも一緒にご紹介していきます。

▼ ダイソーメスティンについてはコチラの記事をご覧ください ▼

 

ダイソー ちょこっとストーブ(ミニストーブ)があればUL化が捗る!

「UL」は、ウルトラライトの略だそうです。

いく子
ちょっと覚えたての言葉を使ってみたかった!

最近キャンパーさんの中でも注目のジャンルで、特にソロキャンパーさんはすごく上手に荷物をコンパクトにまとめていますよね。

ファミリーキャンパーの中でも超重量級の荷物も持って行く我が家には程遠い世界です。でも、かなり憧れています。

困らないようにといろいろ持って行ってしまう性格ですが、私の場合はかなり無駄が多いのです。

必要なものだけを厳選できる能力を身につけたいものです。

かなり話がそれました・・・。ごめんなさい。

ポケットストーブは、固形燃料を使って調理ができ、コンパクトに収納できる便利アイテムです。

一番有名なのがドイツのエスビット社から出ているポケットストーブだと思います。

 

定価で購入してもすごく高いものではありませんが、我が家のキャンプスタイルでは使いどころが少ないのでは?

というこので、興味はあるけど買っていないアイテムでした。

でも、ある日ダイソーで見つけちゃったのです。

いく子
えー。330円でミニストーブが買えるの?

ちょっとした衝撃でした。そして、迷わずお買い上げ。

のひらサイズのアイテムで調理ができるってすごいですよね。330円なら、お試ししてみたい方にもピッタリです。

 

ダイソー ちょこっとストーブ MINI STOVE(ミニストーブ)

パッケージの写真のように、100均でも売っている固形燃料がちょうど使えるサイズです。手のひらに収まりますし、約100gと超軽量。

バーナーなどのガス系アイテムは当然ガス缶が必要になりますが、結構かさばりますよね。

UL化したいキャンパーさんはもちろん、気軽にデイキャンプしたい時にも使えそうです。

 

ダイソー ミニストーブ

素 材:スチール(亜鉛めっき)
使用時サイズ:約 幅10cm × 奥行7.7cm × 高さ5.5cm
収納時サイズ:約 幅10cm × 奥行7.7cm × 厚み2cm
重 さ:約105g

 

シェラカップなど、よりコンパクトなもので調理したい時はこちらの角度で。

カチッとしっかり固定され、ガタつきもありませんでした。

 

ダイソーメスティンを使うなら、こちらの全開状態で。

こちらは多少個体差がありそうですが、ほんの少しだけ高さが合わない感じがします。でも、鍋などをのせた時に気になったり、危ないという事はありませんでした

 

ミニストーブを使うならセリアの固形燃料用受け皿が便利

セリアパトロール中に見付けた『SOLID FUEL TRAY(固形燃料用受け皿)』。

ミニストーブに直接固形燃料を乗せると、直火ではないものの、下への熱が気になりますし、ミニストーブも汚れてしまいますよね。

 

でも、こちらの受け皿を使えば火がストーブの下へ行く事もなく、後片付けも楽です。

そして、風を防いでくれるので、ある程度火力を安定させることができます

いく子
ミニストーブは風が強いと使えない事もあるので、かなり重要ポイントです!

※あまり風が強い時は風除けを使った方が安心です。

しっかり底には足が付いています。

この時ミニストーブをのせていたスチールのラックは、表面がポリエチレン塗装で熱いものを乗せると塗装が溶けてしまうタイプのものですが、炊飯しても大丈夫でした。

下への熱はかなり防げるようです。

 

スポンサーリンク

ほったらかし自動炊飯は楽すぎる!

お米と機材をセットして、固形燃料に火を付け、約20分後(火が消える)にメスティンをひっくり返して10~15分蒸らせば完成です。

 

注意するポイントをまとめてみました。

・固形燃料はサイズにより燃焼時間が違うので注意する(今回は25gを使用)
・風が強い場合は風よけを用意する
・お米は30分~1時間しっかり浸水させてから火を付ける
・火が消えた後にメスティンをひっくり返して10~15分蒸らす

 

ちょっとだけ残念ポイント

今回ご紹介したダイソーミニストーブは、残念ながらダイソーメスティンには入らないのです。

 

頑張ってみてもやっぱり入りません。

火を使うものなので、安定性も大事だからしょうがないとは思いますが、やっぱりシンデレラフィットして欲しかったです。

 

100均アイテムで自動炊飯に挑戦してみよう!

いつもはガスを使ったバーナーで時間を計りながら炊飯していたのですが、この自動炊飯システムなら時間をあまり気にしなくても大丈夫!

めんどくさがりの私にピッタリでした。

・ダイソー メスティン 550円
・ダイソー ミニストーブ 330円
・セリア 固形燃料受け皿 110円
・ダイソー 固形燃料(25g 3個入り)110円

合計1,100円でスタートできる自動炊飯。気になる方はぜひやってみてください!

 

▼ アウトドアメディア『ハピキャン』でライターをしています ▼

 

【PR】いつもと違う写真を撮ってみたい方や、SNSなどで情報発信をしている方におすすめの360度カメラ『THETA(シータ)』

シータについてはコチラの記事をご覧ください。

ご購入は下のバナーのリンクからどうぞ。(Amazonへ飛びます)

 

ブログ村のランキングに参加しています。よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



-100均アイテム
-,

Copyright© 100均好き主婦、キャンプへ行く , 2021 All Rights Reserved.