キャンプアイテム

360度カメラってなに? リコーの『THETA(シータ)』で撮影した写真が想像以上にすごい!!【㏚】

2020年10月6日

100均好き主婦キャンパーいく子()です。

最近は、カメラの種類がすごく増えました。基本的な写真撮影ができるカメラを持っている方はたくさんいると思いますが、ちょっと技あり系カメラを持っている方はまだ少数派かもしれません。

私は、写真を撮るセンスは全くないけど、とにかく写真撮影が大好きです。思い出を記憶だけでなく、記録でも残せるのがいい!! ちなみにカメラは3台(古い物を入れると5台)持っています。

今回はそんな写真撮影好きの私が、数あるカメラの中でも特徴的な360度カメラ『RICOH THETA SC2』をお借りして使ってみたレビューです。

いく子
360度ってすごい!! 本当に全部まるっと写るのね。
想像を超えた写真が撮れてビックリしました。

※商品をお借りしてのPR記事です。

 

360度カメラではどんな写真が撮れるの?

細かい事はさておき、まずは360度カメラで撮影した写真をご覧ください!

『RICOH THETA SC2』でテント内を撮影してみました。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

スマートフォンでご覧の方は指で、パソコンでご覧の方はマウスで、写真をグルグルしてみてください。360度まるっと写っているのがわかりますよね。

いく子
テント内が丸見えだよ→ 恥ずかしい!!!

もちろん、撮影用に片づけ済ですけどね。

次回のキャンプの参考にすべく、テント内レイアウトを撮影することがよくあります。いつもは何枚か写真を撮ってようやく全体像がつかめるかな? というレベル。

でも、360度カメラのTHETA(シータ)を使えば1度の撮影で全てを撮ることができます

これは、すごく便利。

 

続いて、テントの外で撮影

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

キャンプサイト全体の様子、テントから駐車場や海までの距離感など、まるでそこに自分が居るかのように全部写っています

事前に360度カメラで撮影したキャンプ場の写真を見れたら、かなりサイトのイメージがしやすいですね。

キャンプ場選びの際は、多くの方のブログやYouTube動画などを検索しますが、それでも不安が残ることがあります。そんな時に、この360度カメラの写真が見れたら、そこから得られる情報はかなり大きいと思います。

360度カメラで撮れる写真の特長

  • 本当に360度全て写る
  • カメラのある位置に自分が居るような写真が撮れる
  • 平面写真では得られない情報量がある
  • 大人数での撮影にも対応できる

 

気軽に使えるスタンダードモデル『RICOH THETA SC2』

手のひらサイズのコンパクトなカメラです。

カメラ本体には下記5つのボタンがあります。

  1. 撮影用シャッター
  2. 電源
  3. Wi-Fi
  4. モード
  5. セルフタイマー

非常にシンプルで使いやすいと思います。今回は動画撮影をしていませんが、モードボタンを押すだけで4K動画撮影も可能。

見出し(全角15文字)

サイズ:45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×22.9mm(厚さ)
重さ:104g
静止画像解像度:JPEG:5376×2688
内蔵メモリー:約14GB
同梱品:ソフトケース、USBケーブル

その他の詳細は公式サイトをご覧ください。

▼商品の購入はコチラのリンク(Amazonへ飛びます)からどうぞ!

 

便利なアプリをダウンロード

写真の撮影や設定、データの取り込みに使う「THETA」と編集加工ができる「THETA+」という2つの便利なアプリが用意されています。付属の取り扱い説明書のQRコードからすぐにダウンロードできます。

「THETA」では、カメラとスマートフォンを接続し、データを取り込み閲覧できる他にも、リモート撮影が可能です。

「THETA+」は「THETA」で取り込んだ画像データに文字やスタンプを入れたり、フィルター加工したり、ぼかしを入れたりすることができます。

 

スポンサーリンク

360度カメラはどんな時に使うと良い?

今回私は海が見えるステキなキャンプ場という自然の中での撮影に使ってみて、とても良かったなと思いました。帰ってきてから写真を見返してみると、鮮明な記憶がよみがえって幸せな気持ちになれます。

また、自分の行った場所が良かった事を誰かに伝える時に写真を見せたり、ブログでのレポートにもピッタリ!

こちらはキャンプ場のサイト、炊事場、トイレ、シャワー室がまるっと写った写真です。距離感や全体像がすごくわかりやすく、キャンプ場の設備紹介にすごく良さそう。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

 

他に思いつくのは、結婚式などのパーティーで大勢の人が集まる時なども良い写真が撮れそうです。

人が大勢写り込んだ場合はSNSなどにアップするのは難しくなるとは思いますが、専用アプリを使えばぼかすこともできますし、自分の思い出用写真としては良いですよね。

あとはテーマパークなど、その楽しかった空間をそのまま切り取りたいというシーンにも良さそう。

こんな時におすすめ

  • 景色が綺麗な自然の中
  • 旅行中の街中
  • 大人数が集まるパーティー会場
  • テーマパーク

 

今回の撮影での失敗ポイント

今回、自撮り棒や三脚などを持っていなかったので、写真のようにTHETA(シータ)を手で持って本体に付いているシャッターボタンを押して撮影していました。

 

すると、中心部にどうしても不自然に指が入り込んでしまいます。気にならない方もいるかもしれませんが、私はちょっとこれ失敗したなと思いました。

 

THETA(シータ)には本体の下部分に三脚に取り付ける用のネジ穴があるので、写真のように三脚にセットすることができます。これなら、自分が写り込みたくない時などどこかに隠れて写真を撮影できます。

 

また、三脚を使って撮影した場合の写真の中心部分はかなりスッキリし、自然な撮影が可能になります。THETA(シータ)本体をそのまま立てて撮影することもできますが、倒れるとレンズが傷つく可能性もあるので、やはり三脚がベストかなと思います。

 

画像が荒くて申し訳ないのですが、自撮り棒を伸ばした状態で肩にのせて撮影すると結構自然な後姿が取れる感じがしました。

自分が良いと思うポイントを見つけるまで、何度か練習するのがおすすめです。私はちょっと練習不足でした。

 

写真で伝わる情報量がアップする360度カメラTHETA(シータ)

私の場合は、ブログを書いているという事もありますが、元から写真を撮ることが好きなので、この360度カメラ『THETA(シータ)』はすごく魅力的なカメラでした。

360度の写真印刷はできませんが、グーグルフォトでは360度でグルグルしながら見る事ができたので、360度の思い出写真を家族や友人と共有することも可能です。

いく子
今回はPR案件ということで、お借りしていますが、ぶっちゃけ本気で欲しい!!

2020年10月6日現在の価格は33,000円くらいでした。うーん。悩みます。

いつもと違う写真を撮ってみたい方や、SNSなどで情報発信をしている方におすすめの360度カメラ『THETA(シータ)』。

気になる方はチェックしてみてください。

 

▼ アウトドアメディア『ハピキャン』でライターをしています ▼

 

ブログ村のランキングに参加しています。よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



-キャンプアイテム

Copyright© 100均好き主婦、キャンプへ行く , 2020 All Rights Reserved.