キャンプレポ 読み物

「また行きたい!」ほったらかしキャンプ場へ行きたくなる5つのポイント!

100均好き主婦キャンパーいく子()です。

ほったらかしキャンプ場は予約がなかなか取れないと言われる、人気のキャンプ場です。

ゆるキャン△の聖地としても有名ですね。

私も何度か訪れていますが、いつもすごく楽しかったという記憶ばかり浮かんできます。

本日は実際に行った時の体験と写真をもとに、「ほったらかしキャンプ場」をリピートしたくなるポイントをまとめてみました。

 

【ポイント1】天気が良ければ富士山も見える! 抜群のロケーション

この日はちょっと曇っていますが、富士山がちらりと見えています。天気の日は最高な景色が見えること間違いなし!

目の前に遮るものがないので、この気持ち良さは本当に格別です。

 

山に囲まれてる! という感じがすごくイイです。

景色と焚火でもう既に今回のキャンプに大満足

 

大小様々なサイトがありますが、どのサイトからも景色がとってもキレイに見えます。

 

そして、この夜景! これはみんなうっとりしちゃいますよね。

予約がなかなか取れないくらい人気というのも納得の絶景。

予約(インターネットのみ)は基本、月初めに3ヶ月先まで予約できるスタイル。
当日はインターネットがつながらないという方も多いと思います。

私の場合、予約開始日ではない時に、サイトの空きをこまめにチェックするという地味な感じが成功率が高い。

平日が入る日曜日~月曜日などがやっぱりねらい目です。
まぁ、それでもほとんど埋まっていますが。。。

 

今年、「Cafe: 山歩 SANPO」がオープンしたそうです。

絶景の中で美味しいコーヒーや自家製アイスクリーム、ビールなどをいただけます。

こちらのカフェはキャンプ場利用者以外もOK! 詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

 

【ポイント2】おしゃれカフェのようにキレイな水回り

水回りはどこもおしゃれな手作りで、すごくキレイです。

 

スタッフの方が、とても丁寧に清掃されているのが伝わってきます。

どんな炊事場でもキレイに使うのは当然のルールですが、「もっとキレイにして帰ろう」という気持ちになるから不思議。

 

トイレもすごくキレイだし、おしゃれです。

 

木のぬくもりが優しく温かい感じ。

でも、中はしっかりウォシュレットというところが嬉しいです。

やっぱり寒い季節に冷たい便座ってちょっと勇気がいりますよね(笑)

 

【ポイント3】ほったらかし温泉へ歩いて行ける

キャンプ場から歩いてすぐ「ほったらかし温泉」があります!

絶景のキャンプ場から絶景の温泉って、もう間違いないですよね。

 

「あっちの湯」と「こっちの湯」があるので、迷ったらこちらのサイコロで決めましょう!

 

ココからの景色も最高です。

温泉に入りながら、夜景を見ても、日の出を見ても、昼間の富士山を見ても、絶対イイですよね。

 

スポンサーリンク

【ポイント4】温玉あげを食べてゆるキャン△気分! 朝のたまごかけご飯も必須!!

ゆるキャン△でご存知の方も多いと思うこの『温玉あげ』はほったらかし温泉の入口にある「軽食スタンド 桃太郎」で販売されています。

 

コレは間違いなく人数分必須ですよ!

 

今回は、サイトに戻ってからビールと共に頂きました。

いく子
おいしいーーー!!
家では絶対作る自信がないから、ココで食べるのが正解!

「軽食スタンド 桃太郎」では、温玉あげの他にも、ほうとう、うどん、そば、ラーメン、天丼など、メニューが豊富なので、営業時間の確認は必須になりますが、料理が苦手な私はココで夕飯を食べてしまうというプランもありなんじゃないかと思っています。

 

そして、もう一軒忘れてはいけない「気まぐれ屋」の朝めし!

 

たまごかけご飯定食です。

ごはん・みそ汁・生たまご・漬け物 + 納豆1個サービス

 

我が家はみんなたまごかけご飯が大好きなので、ほったらかしキャンプ場へ来た時の朝ごはんはココと決めています

朝ごはんを作らないと撤収作業もすごく楽なので◎。

 

【ポイント5】大人も子供も楽しい「フルーツ公園」は車で5分

笛吹川フルーツ公園はとっても広いです。

駐車場もいくつかあるので、遊びたい場所とあまり離れていない所がおすすめ

 

遊具広場には、ブランコやターザンロープなど、遊具が盛りだくさん。

 

こちらはアクアアスレチック。

この日は水はありませんでしたが、季節によっては水遊びが楽しめる人気のスポットです。

 

芝生広場にはスラッグラインもあります。

たまにキャンプ場でも体験できるところがありますが、結構難しいですよね。

私のバランス感覚が悪いのかもしれませんが、体重が重い大人より子供の方がスイスイできる感じがします。

 

わんぱくドームは室内アスレチックとなっていて、天候に左右されず思い切り遊べます

 

展示室では、様々なフルーツの品種を見る事ができます。

これは大人もおもしろい!

何も気にせず撮影した写真でちょっとピンボケしていますが、「グロ コールマン」?

いく子
コールマンというぶどう・・・。
ロシアのぶどうだそうですよ!

 

カフェやレストランもあるので、ゆっくり遊んだ後にランチもできます。

 

そして、「やまなしフルーツ温泉ぷくぷく」が隣にあります。

こちらの温泉も絶景で有名な所。帰りに寄ってみても良いですね。

 

魅力たっぷりのほったらかしキャンプ場

記事をまとめているだけで、また行きたくなってネットで空き状況をチェックしてしまいました。

いく子
ほぼ「満」です。
3ヶ月先の平日に若干「△」があるくらいだわ・・・。

やっぱりこまめに空きをチェックするしかないですね。

魅力が盛りだくさんの「ほったらかしキャンプ場」ぜひ一度行ってみてください!

 

▼ アウトドアメディア『ハピキャン』でライターをしています ▼

 

【PR】いつもと違う写真を撮ってみたい方や、SNSなどで情報発信をしている方におすすめの360度カメラ『THETA(シータ)』

シータについてはコチラの記事をご覧ください。

ご購入は下のバナーのリンクからどうぞ。(Amazonへ飛びます)

 

ブログ村のランキングに参加しています。よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



-キャンプレポ, 読み物

Copyright© 100均好き主婦、キャンプへ行く , 2020 All Rights Reserved.