キャンプアイテム キャンプメニュー

メスティンでカオマンガイを作ってみました!これがおいしかった。レシピをご紹介。

投稿日:

100均好き主婦キャンパーいく子です。

本日は、昨日に引き続き「メスティン」のお話です。
シーズニングが終わり、早速作ってみました!
「とりあえず、普通に米炊けよ」ってところですが、いきなりカオマンガイを作りました。アジアン料理って大好きなんです。パクチーとかナンプラーとか大好物です。
それでは早速、レシピをご紹介します。

メスティンで作るカオマンガイの材料

今回は1合で作りました。他におかずがあるとして、2人分です。

米:一合(4分の1くらいをもち麦などにすると良いです)
水:約200ml
鶏もも肉:1枚(小さめで200gでした)
▼鶏肉の下味用▼
 ニンニク・ショウガのチューブ:各1cmくらい
 桃屋のきざみニンニク・ショウガ:ティースプーン1ずつ
 ナンプラー:適量
 ※この辺はお好みで
▼最後にかけるタレ▼
 ナンプラー・オイスターソース・パクチーチューブ・レモン汁・砂糖
 ※量は味見しながらお好みで

我が家はアジアンフード好きなので、タレにナンプラーやパクチーチューブを使っていますが、苦手な方はそこを醤油やシソに変えたり、カオマンガイではなくなっちゃいそうですが、焼肉のたれとかでも普通においしくいただけると思います。

メスティンで作るカオマンガイ 調理スタート

まずは鶏肉に下味をつけます。

材料に書いた桃屋のってコレです!こちらはそのままごはんに乗せても美味しい。すごくおいしい!!私の中では魔法の調味料です。

ナンプラー少々入れました。

ちょっとモミモミして、10分くらい寝かせます。

お米は少しもち麦をプラスするとパラっとするので、カオマンガイっぽさがアップします。

お水は200mlくらいが程よかったです。

まな板と包丁を洗うのが面倒で、キッチンバサミで切ってます。どこまででも手を抜きたい!

切った鶏肉を適当に広げます。

あとは、蓋をして火にかけます。

メスティンでの炊飯時間は?

はじめは強火で、蒸気が出てきたら弱火にして10分そのまま。

タイマーセットしました。

弱火、このくらいかしら?

スポンサーリンク

そのすきに、ソースをつくりましょう

初めは、ナンプラーパクチーチューブ、オイスターソースを入れてみました。

ちょっと塩分が強かったので、砂糖とレモン汁をプラスしました。

あら、良い感じにできました!結構適当に混ぜましたが、最終的に味がまとまればOK!

10分経ったら、10分蒸らして完成!

弱火で10分経ったら、メスティンを逆さまにして10分蒸らします。

アルミが結構熱いので、鍋つかみ(ミトン)や軍手などが必須です。

感動の炊きあがり!!!

と、思ったら、なんかぐっちゃぐちゃになってました。でも、お米も鶏肉も良い感じに炊きあがってます。

シーズニングはしていますが、若干焦げ付きはありますね。
でも、このおこげも美味しいんですよね!

盛り付けます

パクチーをモリモリ乗せたかったのですが、近くのスーパーに売っていなかったので、ベビーリーフです。ちっともパンチはないけど、色味は良いですね。プチトマト乗せたら見た目は更に良くなりそうです!

最後にタレをかけて、ついに完成。

時間的には炊いている10分、蒸らしの10分、その他で10分程度なので、30分もあればつくれそうです。

まとめ

アジアンフード好きキャンパーの方には一番にオススメしたいカオマンガイ。結構簡単にできちゃって、正直ビックリしました。

そして、「メスティンで炊くお米が美味しい」というのがちょっとわかりました。今度こそは白米にチャレンジし、メスティンで炊くお米の美味しさを堪能したいと思います。
その次はお得意の炊き込みご飯もやってみたいです!保温調理鍋と違って、保温はできませんが、メスティンの軽さ、持ち運びの良さは最高なので、もしうまくいけばちょっとかさばる「コーナンシェフ」はお留守番かも?!うーん。でもあのお手軽感は捨てがたい。

 

trangia(トランギア) ラージメスティン TR-209 【日本正規品】

trangia(トランギア) ラージメスティン TR-209 【日本正規品】

 

 ▼こちらはキャンプでも家でも愛用しているコーナンの真空保温調理鍋の記事です。

ブログ村のランキングに参加しています。よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



-キャンプアイテム, キャンプメニュー

Copyright© 100均好き主婦、キャンプへ行く , 2019 All Rights Reserved.