キャンプメニュー

イチゴのヘタがすぐに簡単に取れる裏技!子供でも楽しくできちゃいます。

投稿日:

100均好き主婦キャンパーいく子です。

食後のデザートにイチゴのシーズンですね。
キャンプでもイチゴがテーブルに並ぶと彩も良く、ちょっと華やかになります。

▼こちらのテーブルもイチゴの赤効果がありますね。

本日はそんなイチゴのヘタが簡単に取れて食べやすくなる裏技のお話です。
「えっ?コレキャンプネタ??」って感じですが、キャンプでやってみると結構ハマりますよ(笑)

キャンプのデザートにイチゴはオススメ!

イチゴって大人も子供も好きな方が多いですよね。そして、この赤が彩りよく、テーブルが栄えます。

一口で食べやすいところも良いですね。

更にイチゴには抗酸化作用のあるポリフェノールと歯のエナメル質を強化するキシリトールが豊富に含まれています。

健康や美容にも歯にも良いって思った以上にイチゴは優秀です!

イチゴのヘタは事前に取る派?そのまま派?

これは意見が分かれるところかもしれませんね。
我が家の場合は、子供が食べやすいようにあらかじめカットしてしまうことが多いです。その場合は、ケーキに乗せたりする時と同じようにヘタ部分をまるっとカットしてしまいます。
彩としてはヘタの緑もキレイなんですけどね。

ヘタを事前に取っておくと、ぱっと手に取ってそのまま食べれるのが手軽で良いです。でも、結構数があったりすると、手間なんですよね。

イチゴのヘタを簡単に取る裏技

ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、この裏技は先日テレビでやっていたものです。
6歳の息子が見ていて、「これすごいよ!やってみたい!!」と興奮気味でして、「そんなにすごいの?」と思い、早速試したらもう感動的な取れ具合でした!!

この裏技は、ストローを使います。

こんな感じでブスッと刺します。できれば細めのストローの方が食べる部分が減らなくて良いかと思います。

あら一瞬!スポッとキレイにヘタが取れます。

少しヘタが残ってしまったら、ちょっとずらしてまたストローを刺せば、全てキレイに取れます。

ちょっと怖い図ですが、ストローから芯の部分を引き抜いてみました。
うーん。なんだかちょっと微妙ですが、、、。

すっぽりキレイにくりぬけています。

比較的酸味がある事が多いヘタ周辺、中央部分がすっぽりくりぬけるので、イチゴが更に甘く感じました。硬いところもとれるので、食べやすさもアップします。

スポンサーリンク

まとめ

この裏技を使えば、イチゴを洗ってヘタ付きでテーブルに並べても大丈夫!ストローで押し出すだけなので、子供でも簡単にできますし、ちょっとクセになる楽しさです(笑)

そして、酸味のある部分や硬い部分が簡単になくなるので、イチゴが更に美味しく感じます。

ヘタ付きなら赤と緑でテーブルが栄えるし、出す方は洗うだけでお手軽!
子供も楽しみながら自分でヘタを取れる!!

実はこの裏技、みんなに優しくおいしい裏技でした。キャンプではもちろん、お家でも試してみてください!

ブログ村のランキングに参加しています。よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



-キャンプメニュー

Copyright© 100均好き主婦、キャンプへ行く , 2019 All Rights Reserved.