100均アイテム

ダイソーからまた新しい柄が登場! キャンプで紙皿はやっぱり便利

投稿日:

100均好き主婦キャンパーいく子です。10月になったのに、ちっとも涼しくなりませんね。でも、場所によってはキャンプ場の朝晩は徐々に冷え込んできました。お湯が出るキャンプ場もありますが、出ない所では水で洗い物をしたくないなと思ってしまう事もし・・・。自分でお湯を沸かして持って行けば良いんですけどね。アウトドア用のやかんだと何回だろう?! と、とにかくネガティブになってしまうので、そんな時は紙皿の出番です。最近ダイソーで新しい柄の紙皿を見つけたのでご紹介します。

紙皿

アウトドアシーンを意識したおしゃれな紙皿

紙皿

アウトドアブームもあってか、最近の紙皿はおしゃれな柄やデザインのものに加えて、キャンプにピッタリな柄がたくさん登場しています。もちろん、100均でもありますよ! シンプルな白いお皿も良いのですが、ちょっとおしゃれな柄やデザインだとお料理も映えますよね。

 

キャンプで紙皿を使うメリットとデメリット

やっぱりどんなものにもメリットとデメリットがありますよね。ここでは私が思いつくメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

・ 洗い物をしなくて良い
・ 軽くてかさ張らない
・ おしゃれな柄やデザインがたくさんある
・ 気分によって柄やデザインを選べる

デメリット

・ ゴミが増える
・ 風で飛んでしまう
・ ちょっとチープ感がでてしまう

こんな所でしょうか? ゴミが増えてしまうのはエコでないなと今まで思っていましたが、よく考えると「油物を洗わない = エコ」なのかもしれませんね。そう考えると結構メリットが多いように思います。お料理や食器にこだわる方はもちろんおしゃれな食器を持って行くと思いますが、そこまで気にならないという方には紙皿がオススメ! ただ、風が強い日に限ってはオススメできません。すごい時は、お料理ごと飛んで行ってしまいます・・・。自分も大変だし、周りにも迷惑がかかるので、天候をしっかり見極めるか、重石をする必要があります。

 

キャンプご飯が楽しくなりそうな柄!

紙皿

この柄すごくツボでした。レッドやグリーンも入っているけど、トーンが抑えられていて程よいアクセントになっていますよね。今回はこの2サイズしかこのシリーズは見つけられませんでしたが、もう少し大きいサイズのボウル型も欲しいです。

左:紙皿 ボウル型

商品名:紙皿 ボウル型(No.73)
入数:10枚
サイズ:直径10cm
素材:パルプ、ポリプロピレンコーティング

右:紙皿 フラッグ

商品名:紙皿 フラッグ(No.72)
入数:12枚
サイズ:直径18cm
素材:パルプ、ポリプロピレンコーティング

 

スポンサーリンク

使いやすそうなデザインがたくさん

紙皿

最近の紙皿は普通の丸いお皿だけじゃないんですよ! オーバルやスクエア、ヘキサゴンまであります。おしゃれで使いやすく、華やかな印象です。柄によっては紙皿に見えないようなものまで。

左:ペーパープレート スクエア

商品名:ペーパープレート デイリー クラフト  スクエア(No.74)
入数:12枚
サイズ:19cm × 19cm
素材:パルプ、PPラミネーション

右:ペーパープレート ヘキサゴン

商品名:ペーパープレート デイリー ネイビー  ヘキサゴン(No.80)
入数:9枚
サイズ:18.2cm × 16cm
素材:パルプ、PPラミネーション

 

紙皿

こちらは変わった吹き出し型。写真の撮り方によっては後でおもしろく加工できそうですね。

ペーパープレート 吹き出し

商品名:ペーパープレート デイリー クラフト  吹き出し(No.78)
入数:5枚
サイズ:24.3cm × 20.8cm
素材:パルプ、PPラミネーション

 

キャンプで使ってみた!

紙皿

どんなおしゃれな使い方するの? と期待していた方がいたらごめんなさい! その辺のセンスは全くないので、こんなです。しかも、手作りではないおつまみがそのまま乗っているだけ。。。自己満足の世界ですが、白い丸い紙皿に乗ってるよりちょっとだけ気分が上がりませんか?

いく子
設営後のとりあえず乾杯タイムはこういうお手軽な感じが定番

 

紙皿

えぇ。お次も焼いた肉のみの図。緑も何もありません。しかも、この紙皿さっきご紹介したものとは別のダイソーの紙皿でした。ごめんなさい。あくまでイメージということで!

いく子
キャンプでは肉率高め! この肉の脂が水ではなかなか落ちないので、これこそ紙皿をオススメしたいシーンです。

▼ 写真の紙皿を含めた100均アイテムを紹介した記事 ▼

 

紙皿は大き目のジッパーバッグに入れると使いやすい

ジッパーバッグ

我が家ではIKEAの大きいサイズのジッパーバッグにまとめて紙皿を入れています。ボウル型が多い場合は、平皿系と分けて2袋にすると使いやすさもしまいやすさもアップ!

▼ キャンパーにオススメのIKEAアイテム ▼

 

寒い季節は紙皿の活用がオススメ!

紙皿

紙皿はやっぱり便利ですね。特にアウトが早いキャンプ場での朝はバタバタするので、洗い物が少ないと助かります。また、油物が多い時は割り切って紙皿を使った方が結果的にエコなのかもしれません。

おしゃれな紙皿が迷ってしまうくらいたくさんあるので、お好みのものを見つけてキャンプのお供にしてください。

▼ アウトドアメディア『ハピキャン』でライターをしています ▼

 

ブログ村のランキングに参加しています。よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



-100均アイテム

Copyright© 100均好き主婦、キャンプへ行く , 2019 All Rights Reserved.