キャンプアイテム

給油の時に灯油がこぼれない! タカギポリカンポンプでトヨトミレインボーも楽々給油。

2018年11月21日

こんにちは!100均好き主婦キャンパーいく子です。

いよいよ本格的に冬っぽくなってきました。さあ、石油ストーブの出番です!以前も書きましたが、我が家にはたくさんあるのです。石油ストーブが。ちょっとめんどくさい給油作業ですが、去年、タカギポリカンポンプと出会い、その悩みが一気に解消されました!本日は、その給油時にこぼれないポリカンポンプのお話です。

大好きな100均で買った定番の子とちょっと大き目な子

下はもうみなさんご存知の普通の赤い給油ポンプ。

これでタンクが大容量のトヨトミ大先生に給油しようと思うと、何回シュポシュポすれば良いの?? この作業は結構疲れるので、給油=罰ゲームみたいな感じになっていました。

ホームセンターで買った写真上のピンクのポンプは、従来のものの1.7倍くらいの給油量のポンプ。

少しでも給油時間を短縮するために買ったのですが、給油メーター? にタイムラグのある我が家のトヨトミには不向きでした。いっぱいになったと思ったら、ドバーッと溢れさせてしまった事が何度かあります。給油量が多い分、たくさん溢れてしまった感じでした。

普通の石油ファンヒーターのタンクでは重宝しました。

 

こんなケースも100均で買って使っていましたが、この下の受け皿に結構灯油が溜まるんですよね。

で、給油の際にポンプを出すと床にこぼしてしまったり、、、。これがかなりストレスでした。

 

何か良い給油アイテムはないの?

はい、ありました!

それまで石油ストーブをあまり使っていなかったので、知らなかっただけで、世の中には便利なアイテムがたくさんありました。

◆電動タイプ◆

これにはビックリしました。商品にもよりますが、満タンで自動停止する機能があったり、これは便利!と、思ったら、これ給油口の小さな我が家のトヨトミさん達には入らないというクチコミを見かけました。

確かに、サイズを見ると入らなそうです。タンク一体型のタイプでは自動停止機能は使えないと書いてある商品を見かけたので、電動は諦めました。

 

トヨトミレインボーは給油口がこのように狭くなっています。キャンプ帰りの写真でちょっと汚れが目立ちますね。。。拭いてから写真を撮れば良かったです。

◆加圧タイプ◆

私の買ったタカギポリカンポンプがこのタイプです。

空気圧で給油するので、電源も電池もいりません。停電時も使えるのは心強い!

値段がちょっと高いのは気になりましたが、クチコミがとても良かったので思い切って買いました。

これが大正解!

 

タカギポリカンポンプの使い方

まずはこの上部を10~20回押してタンクに空気を注入します。

 

ガンレバーを握って給油します。ジャージャー給油されます。

 

レバーを離すとピタッと給油が止まるので、ココ!という所をコントロールできるのは便利です。

目盛りのチェックをしながらですが、圧力がかかっているので、ジャージャーと給油できからあっという間に給油が完了します。

 

そして、最後にこの「押」ボタンを押してタンク内の空気を抜きます。

 

ガンレバーにはストッパーもあるので、安全です。

レバーは握りやすく、収納する受け皿もあり、使いやすいです。

レバーを離すと切れ良くピタッと止まってくれるので、我が家の場合はこの受け皿に灯油が溜まることはありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

このタカギポリカンプンプに変えてから、一滴も灯油をこぼしていません

更に、給油スピードも上がり、今までの給油が嘘のようです。もっと早く知りたかった!!

ちょっとお値段ははりますが、使ってみる価値はあると思います。

最近、似ている商品でもっと安いものを発見しました。冬場は灯油タンクをいくつか稼働させるので、タカギポリカポンプと同じように使えるのかはわかりませんが、2本目はこれにしようかなと思っています。ほぼ半額です。

値段は逆に上がりますが、タカギとアラジンコラボのカラーもステキです。アラジン持ってないけど、欲しくなります。

ブログ村のランキングに参加しています。よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



-キャンプアイテム

Copyright© 100均好き主婦、キャンプへ行く , 2021 All Rights Reserved.